<スピーチと声のレッスン>

”セリフを言う”といいますが、ある物語の中でキャラクターは”誰かに何かを話している”のです。普段私たちは話し方なんて気にしないし、しゃべるのが当たり前だと思ってます。

でも、演技になった途端セリフっぽくなってしまう。お芝居っぽくなってしまう。それを普段の私たちが話しているのと同じように、キャラクターとして話す/しゃべるにはトレーニングが必要です。

::: ○○風 :::
例えばDJ風、ニュース番組風、学者風、落ち着いて話す、緊急性のある話し方。短いテキストをいろいろな○○風で話すことで、あなたの可能性を広げます。

また、
声の高低・速い・遅いなど普段の自分とは違う声で話してみることで、
気がつかなかった一面が現れるかもしれません。声の響く場所、意識したことありますか?

もちろんこのレッスンの中では、誰に、何を、話すのか?内容を理解する。
演技の基礎になることを第一に考え、その上で話す/しゃべる/声について学べます。

:::: こんな人におすすめ ::::
・セリフが話す相手に届かないと言われた経験のある人
・はっきり話すのが苦手な人
・アナウンサー/レポーターで演技に興味のある人
・自分で日々トレーニングしたいけどやり方が分からない人
・演技未経験者の人
・○○風の話し方?楽しそうと思った人

お問い合わせ

フォームから頂いたお問い合わせへ2日以内に返信がない場合、恐れ入りますが下のメールアドレスに以下を明記の上、ご再度ご連絡ください。

●希望クラス

氏名

●年齢 ※高校生以上対象(未満の方、応相談)

●お問い合わせ内容

●ご連絡先

my.acting.labo@gmail.com

  • Twitter ブラックアイコン
  • Instagram ブラックアイコン

© 2020 MY ACTING Labo

​画像、テキスト等サイト内全て無断転載禁止